山九株式会社

HOME  >  会社概要  >  コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

    

1.基本理念

山九株式会社は上場企業として、株主をはじめとする各ステークホルダーの方々に対する経営の透明性を確保し 、ならびに経営の効率性を向上させる事で継続的な成長・発展を目指すことを、コーポレート・ガバナンスの基本と考えております。

2.会社経営上の意思決定、執行、監督及び監査に関する体制

(1) 当社は取締役の職務執行が効率的に行われることを確保するため、取締役会を月1回定例に開催するほか、 必要に応じて適宜臨時に開催するものとし、重要事項の決定及び取締役相互の業務執行状況の監督等を行うこととしております。 また、経営方針及び経営戦略等に関する重要事項については、経営会議において議論を行い、その審議を経て取締役会が執行決定を行っております。 なお、監督と執行の分離を進め、取締役会による業務執行の監督機能強化及び意思決定の迅速化を図るために執行役員制度を導入しております。

(2) 当社は監査役制度を採用しております。監査役は取締役会、経営会議その他重要な会議に出席し、取締役・執行役員及び使用人から報告を受け、必要に応じて会社の業務及び財産の状況に関する報告を受け、必要に応じて会社の業務及び財産の状況に関する調査等を行っております。また、監査役は、取締役等に対する助言または勧告等の意見表明、取締役の違反行為の差止め等、必要な措置を講じることができるようにしております。

(3) 内部監査に関しては「監査規程」に則り、内部監査部が年間内部監査計画に基づき、 事業部門及び子会社についての業務・会計等の監査を実施しております。内部監査の結果は、監査役に報告し監査役との連携を図っております。

(4) 会計監査は、監査法人トーマツを会計監査人に選任しており、会計監査人は、 年間監査計画に基づき監査業務を執行しております。

(5) 反社会的勢力に対しては、「倫理規程」において市民生活の秩序・安全に脅威を与え、経済活動にも障害となる反社会的勢力・団体に対しては毅然とした態度で対決する旨規定しております。 また、 特殊暴力防止対策協議会に加入しており所轄警察署及び株主名簿管理人等から関連情報を収集して不測の事態に備え最新の動向を把握するよう努めております。

コーポレートガバナンスの先頭へ