山九株式会社

HOME  >  会社概要  >  山九の品質

山九の品質

世界をリードするプロを育てる

私たちの財産は、豊かな人間性と確かな技能と技術を備えたプロフェッショナル集団。
山九は世界が必要とする人材を育てています。

グローバル育成システム

山九グループでは、優れた技術者を育成するために研修制度を設けており、アジアから毎年定期的に、研修生を受け入れています。研修を修了した研修生は、海外事業の重要なスタッフとして、習得した技能を存分に発揮し活躍しています。

マイスター制度

優れた技術・技能を有し、人柄・人格的にも他の社員の模範となる技能者にマイスターの称号を贈り、山九の「匠の技」として、業務遂行や後継者の育成に活躍しています。

技術の研鑽

全社仕上げ技能競技大会

プラント工事・メンテナンスの重要な技能である「仕上げ」のレベルアップと裾野の拡大、そして後継者への技能伝承等を目的に全社仕上げ技能競技大会を開催しています。

全社溶接競技大会

山九グループは業務の基本的な技能である「溶接」の技量向上を目的として1977年より全社競技大会を開催してきました。2008年にはグローバルな事業運営に対応できる人財育成を目指し、参加対象を海外現地法人の従業員にも拡大した「山九グローバル溶接競技大会を開催。国境を超え、山九の技能が世界を繋げていきます。

技術の習得

機工マスターコース

技術系社員に対し、専門性とプロの技術者育成を目的に3年間にわたる体系的な能力開発プログラムを実施しています。グループの機工事業に必要な基礎的技術・知識の習得や、技術職社員としてのより良い態度(心の構え)の形成、社会人としての「躾」・「行動習慣」を身に付け、「技術を有する人財」の育成に取り組んでいます。

研修センター

■山九平戸錬成館
1968年、創業50周年を記念して、創業者の生誕地長崎県平戸市に設立され、山九グループを含む全社員を対象とする階層別研修を実施しています。豊かな人間性を持ち個性溢れる仕事のプロの育成に成果をあげています。

■東日本・西日本能力開発センター
高度に熟練した技能集団の育成およびハイテク技術にも対応できる先進的技術者の育成を目指しています。※技術研修・技能研修・技能士および各種溶接受験準備研修・安全衛生教育・施設提供および講師派遣。

山九の品質の先頭へ