山九株式会社

HOME  >  環境・社会貢献  >  環境への取り組み
環境方針

環境への取り組み

環境に優しい物流の
実現に向けた挑戦。

環境保全につながる事業活動の推進と、
グリーン物流のサービスをお客さまにご提供します。

循環型社会へ

循環型社会へ対応する環境への取り組み

車両排ガス規制の「自動車NOx・PM法」及び東京都等の「環境確保条例」等に対応した車両の代替、PM装置対策及びグリーン自動車(CNG車)の試験導入を進めています。また、法定速度順守やエコドライブ(アイドリングストップ運動、デジタルタコグラフの設置等)に取り組んでいます。

環境対策設備・車両の積極導入

●車両:CNG車・ハイブリット車、デジタルタコグラフ等の導入
●物流センター:バッテリーフォークリフト、高効率照明の導入
●環境対策設備・車両の一番下に
太陽光発電を備えたエコ倉庫の導入

太陽光発電

企業としての身近な取組み

輸送部門の環境対策

車両排ガス規制の「自動車NOx・PM法」及び東京都等の「環境確保条例」等に対応した車両の代替、PM装置対策及びグリーン自動車(CNG車)の試験導入を進めています。また、法定速度順守やエコドライブ(アイドリングストップ運動、デジタルタコグラフの設置等)に取り組んでいます。

物流センターの環境改善

倉庫内で使用するフォークリフトをバッテリー車、LPG(液化プロパンガス)車に切替えています。

作業連絡車等の環境対策車への切替

ディーゼル車、ガソリン車をグリーン自動車(ハイブリッドカー等)への代替を進めます。

事務所内での取り組み

省エネに対する取り組みとして、本社等では、平成15年から、サマーシーズンのノーネクタイ運動、空調設定温度28度、節水、平成17年12月より「ウォームビズ」等に取り組んでいます。

緑のカーテン取り組み

山九グループは、人や地球に『やさしい』を合言葉に各部支店・グループ会社が事務所にゴーヤ等で緑のカーテンを作り、積極的な環境保全活動に取り組んでいます。

グリーンサンキュウ

廃棄物情報管理システムの開発・稼動

昨今の廃棄物不法投棄問題から、排出者責任の重要性が大きく問われています。山九は排出事業者という立場と、廃棄物の収集運搬作業を委託される事業者の立場から廃棄物の委託契約書、収集運搬許可管理、マニフェストの交付義務・回付管理・保存義務を適正に行なうために、山九グループ全体の廃棄物情報管理システムを独自に開発し、平成17年4月より全事業所を対象に運用しています。

●委託業者の「許可内容」の確認
●グループ各社の情報の一括管理を行い、
「委託契約書」「許可証」「マニフェスト」の相互チェックにより、
 記載内容不備・回付期限の遅れなど不適正状態の防止
●グループ各社の実績データの管理・把握

客先CO2削減にモーダルシフトの拡大を提案

山九は内航船の定期航路サービスとして、関東~東海~山陽~九州間の海上コンテナ輸送サービス、山陽~北海道間の貨物船を運航しています。現在、CO2排出削減に向けた取り組みとして、これらの航路を活用したモーダルシフトをお客様に積極的に提案しています。

環境管理体制
(EMSとコンプライアンス)

コンプライアンス体制

ページの先頭へ