インタビューNO.7

Y.T.

1975年 入社
八幡支店
戸畑製鋼圧延整備グループ
保全センター係
チーフリーダー

マイスターとしての誇りと矜持

私は、溶接の山九マイスターとして製鉄所における特殊溶接作業に従事しています。
長年の経験と補修溶接の技術や、それに伴った溶接施工の計画・立案・実行をしたことで山九マイスターに選出されました。現在、溶接施工はもちろんのこと後進の指導に取り組んでおり、各種競技大会において多くの優勝者や入賞者を輩出しています。山九が他社に負けない技術集団になるため、一人でも多くの人財に自分の技術・技能を伝承していきたいと思います。

※山九マイスターとは、社内外から一流と評価される水準にまで匠の技を極め、且つ、人物的にも他の模範となる技能者に贈られる称号であり、社全体の高度技能習得意欲向上と技能伝承促進を図る制度です。

丁寧かつ綺麗な溶接で
お客様の信頼を得る

長く溶接施工に携わっていますと、多くのお客様にお会いすることができます。一度お仕事をしたお客様から「あなたならば任せられる」と言われた時はやりがいを感じますね。
常に丁寧、綺麗に溶接するよう心掛けていますので、その妥協しない仕事への姿勢が、お客様から信頼されている秘訣かなと思います。
山九には、私以外にも高い技術力を持ったスタッフが数多くいます。緊急な突発工事等にも、技術力・動員力を持って対応することができるのも、他社にはない強みです。

メッセージ

好きな仕事を見つけ
挑戦してください

私は、溶接のプロとして仕事に取り組んでいます。プ ロは、まず自分が楽しむために好きな仕事をします。 私も好きな仕事を楽しむために、技術の試行錯誤を繰 り返し、工夫を積極的に行いました。部下一人ひとり にもプロとしての誇りを持って従事するよう指導して います。私は“溶接施工” をしていますが、山九には 多くの仕事があります。どのような仕事でも、興味を 持ち、前向きに考え行動してください。山九マイスター への第一歩は自分の仕事を楽しく思う事からです。そ して、今の自分に満足しないで上の技術を目指し、失 敗を恐れずに取り組んでください。