山九株式会社

HOME  >  会社概要  >  基本理念

基本理念

ありがとうの気持ちを社名にしました。

基本理念

大正の初期、創設者中村精七郎は、ロンドンの街角で道を尋ねました。
親切に道を教えてくれた紳士にお礼を言うと、
その紳士も自分を信頼してくれたお礼に、「Thank You」と言い残しました。
言葉も、文化も異なる初めての人との出会いの瞬間に、
尋ねる人と応える人との信頼が感謝の気持ちと言葉で結ばれました。
私たちは、その感謝の気持ちを会社の名前に選びました。

社訓三原則

社訓三原則

「公言実行」

目標を高く掲げ、それを公にして、
それに向かって最大限の努力を惜しまず、
実行しなさいということです。

「自問自答」

たえず相手の立場にたって物事を考えるということ。
そうすると独りよがりにならず、
物事の正しい姿が見えてくるということです。

「感謝」

自分を取り巻く様々な人たちに
常に感謝の念を忘れてはならないということです。
我が社の社名の由来にもなっています。

企業理念

人を大切にすることを基本理念とし、
お客様にとってなくてはならない存在としての山九を築きます。
そして、社業の発展を通じて社員の福祉向上
並びに社会の発展に貢献します。

良き企業市民として、国際社会の発展に貢献します。
産業進化に即した、最高のサービスを提供します。
現場の知恵・汗を大切にし、社員の可能性を育みます。

  • 安全を全てにおいて優先します。
  • コンプライアンスに基づき行動します。
  • 文化、宗教、価値観を正しく認識し
    グローバルに行動します。
  • 地球環境保護に積極的に取り組みます。
  • 社会に感動を与える仕事をします。
  • 自分の仕事に誇りと責任を持ちます。
  • 互いを尊重し共に発展します。
  • 魅力ある人が育つ企業を目指します。
  • 現場の汗を結集し強い企業であり続けます。

基本理念の先頭へ