山九株式会社

HOME  >  会社概要  >  沿革1

沿革

1918
  • ・創業者中村精七郎、磯部組の株式を受け社長に就任
  • ・社名を山九運輸株式会社に改める
1930
  • ・日本石油下松製油所建設に協力、構内荷役業者指名を受ける
1932
  • ・(社)八幡製鐵所運搬請負共済組合設立
  • ・代表役員として下請業者統合に協力
1942
  • ・会長  中村精七郎 ・社長  中村勇一就任
1947
  • ・関門地区社有艀28隻を横浜港に回航
1948
  • ・貨物自動車運送事業免許取得
1949
  • ・岡﨑工業株式会社設立
1954
  • ・ユーゴスラビア向けレーヨンビスコースのプラント輸出一貫作業を受注
1959
  • ・ブラジルのウジミナス製鉄所建設に協力
  • ・中村健治、社長に就任
  • ・社名を山九運輸機工株式会社に変更
1961
  • ・八幡製鐵所東田第一高炉建設を受注
1962
  • ・株式を東京証券取引所市場第2部及び福岡取引所に上場
1966
  • ・株式を東京証券取引所市場第1部に指定替え
  • ・ペルーのパンビア製油所建設に協力
1968
  • ・平戸錬成館設置
1971
  • ・山九シンガポール(私人)有限公司設立
1972
  • ・山九ブラジル機工有限会社設立(1979年山九ブラジル株式会社に改称)
  • ・初の都市型倉庫、平和島流通センター完成
1973
  • ・中村公三、社長に就任
  • ・英文社名をSANKYU  INC.に変更
  • ・山九東源国際(香港)有限公司設立
1974
  • ・第20回大河内記念生産特賞を受賞
  • ・山九インドネシア国際株式会社設立
1976
  • ・内航海運業を開始
1979
  • ・中国宝山製鉄所向け出荷を開始(出荷船積総旗振1,600,000㎥)
  • ・山九マレーシア株式会社設立
  • ・モジュール用ユニットドーリ購入(2009年現在74車輌)

沿革の先頭へ